TEL Icon Tel ご予約・お問合せ045-901-1246

診療
カレンダー Icon Calendar

出っ歯・受け口

前歯が出ている~出っ歯~

歯並び・咬み合わせの乱れには、いくつかの種類があります。その中の代表的なものが「出っ歯」です。こちらでは、小児矯正をはじめ大人の方の矯正治療まで対応する横浜市「たまプラーザ うえき矯正歯科」が、出っ歯についてご紹介します。

出っ歯について

出っ歯について

前歯、もしくは上の歯列全体が前に飛び出している状態を「出っ歯」といいます。正式名称は「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」。目立つことでからかわれたり、コンプレックスの原因になることも少なくありません。

またそれだけでなく、「食べ物をうまく咬み切りにくい」、転倒したときなどに「前歯をぶつけやすい」「唇を切ってしまうことがある」といったリスクもあります。

出っ歯の原因

  • 遺伝により、「もともと上顎が大きい」「下顎が小さい」
  • 上顎の成長に対して、下顎の成長が不十分である
  • 歯自体が大きく、前歯が生えるスペースが不足している
  • 「指しゃぶり」「舌で前歯を押す」といった癖がある  など

下顎が前に出ている~受け口~

「しゃくれ」とも言われる受け口は、出っ歯と同じく見た目が気になる歯並びです。小さなうちに改善できることもありますので、お早めにご相談ください。こちらでは横浜市「たまプラーザ うえき矯正歯科」が、受け口についてご紹介します。

受け口について

受け口について

上の歯列より下の歯列が前に出ている「受け口」。「下顎前突(かがくぜんとつ)」「反対咬合(はんたいこうごう)」とも呼ばれる歯並びです。見た目がコンプレックスにつながりやすいだけでなく、「食べ物を食べにくい」「発音に支障が出る」といったリスクもあります。

受け口の原因

  • 遺伝により、「もともと下顎が大きい」「上顎が小さい」
  • 「指しゃぶり」「舌で前歯を押す」「頬杖」といった癖がある
  • 「口呼吸」になっており、気道確保のために下顎を前に突き出している  など

トップに戻る