TEL Icon Tel ご予約・お問合せ045-901-1246

診療
カレンダー Icon Calendar

開咬・過蓋咬合

前歯が咬み合わない~開咬~

上下の奥歯を咬み合わせると、通常であれば前歯も自然と閉じるものです。しかし中には、前歯が閉じない場合があります。それが、「開咬(かいこう)」と呼ばれる歯並びです。前歯で食べ物を咬み切れないという方は、この開咬が原因になっているかもしれません。

こちらでは、小児矯正をはじめ大人の方の矯正治療まで対応する横浜市「たまプラーザ うえき矯正歯科」が、開咬についてご紹介します。

開咬について

開咬について

開咬とは、奥歯を咬み合わせても前歯が閉じない歯並びのことを言います。別名「オープンバイト」とも呼ばれ、「前歯で食べ物を咬み切れない」「空気がもれて発音が不明瞭になる」「咬む力を奥歯だけで支えるため奥歯の負担が大きくなる」といったリスクがあります。

開咬の原因

  • 特徴的な顎の形をしている
  • 「指しゃぶり」や、「舌で前歯の裏側を押す」「舌や唇を咬む」といった癖がある
  • 口呼吸になっており、お口まわりの筋肉のバランスが崩れている など

咬み合わせが深い~過蓋咬合~

咬み合わせが深く、上の歯列が下の歯列を深く覆っている「過蓋咬合(かがいこうごう)」。下の歯列がほとんど見えない場合もあります。こちらでは横浜市「たまプラーザ うえき矯正歯科」が、過蓋咬合についてご紹介します。

過蓋咬合について

過蓋咬合について

過蓋咬合とは、上下の歯列の咬み合わせが深い状態を言い、別名「ディープバイト」とも呼ばれるものです。正面から見ると、下の歯列がほとんど見えないケースもあります。きちんと咬み合っていないことで、食べ物を咬み切れないといったリスクがあります。

過蓋咬合の原因

  • 顎の骨の位置に異常がある、前歯が伸びすぎている、奥歯が通常より伸びていない
  • むし歯などで歯を失った箇所を放置している
  • いつも強い力で咬みしめているといった癖がある  など

トップに戻る